ここから本文です

豊中市長選挙立候補予定。中川隆弘(なかがわ たかひろ)氏の学歴・経歴・政策は?

3/12(月) 19:06配信

選挙ドットコム

豊中市長選挙立候補予定。中川隆弘(なかがわ たかひろ)氏の学歴・経歴・政策は?

2月9日の記者会見において、任期満了にともなう豊中市長選(4月15日告示、22日投開票)に中川隆弘氏が立候補を表明しました。中川氏は現在、大阪府議4期目です。

同市長選をめぐっては、現職の浅利市長が健康問題を理由に立候補しないことを表明しています。なお、同選挙には元副市長の長内繁樹氏も立候補を表明しています。

大阪府議会議員4期目の中川氏

中川隆弘氏は1960年4月4日生まれで現在57歳です。近畿大学を卒業後、住友ゴム工業株式会社、株式会社日本ダンロップを経て、2003年の大阪府議会議員選挙では13,347票を得て初当選します。2007年の同選挙では24,983票、2011年には16,878票、2015年には30,624票を得て当選。現在は4期目で、大阪維新の会大阪府議会議員団に所属しています。

中川氏の政策提言

中川氏は会見で「豊中市のために行政改革に取り組みたい」と話しています。

「大阪府議会」のホームページによれば、具体的には、

・災害に強い街づくりと自主防災の確立
・多子奨励制度など少子高齢化社会に向けたとりくみ
・豊中市の南北格差の是正
・千里中央活性化

などを挙げています。

選挙ドットコム編集部

最終更新:3/12(月) 19:06
選挙ドットコム