ここから本文です

激しいタックルを受けたセルジ・ロベルト、CLチェルシー戦は出場可能に

3/12(月) 20:03配信

SPORT.es

セルジ・ロベルトは、日本時間の15日(木)に行われるチャンピオンズリーグ・ラウンド16のチェルシー戦2ndレグへの出場は可能だが、100%のコンディションかは不明である。

【ハイライト動画 マラガ対メッシ不在のバルサ】

セルジ・ロベルトは、マラガ戦で激しいタックルを受けて、74分にピッチをあとにしている。大きな怪我ではないが、痛みが残るようであれば、チェルシー戦にも影響が出るだろう。

11日は、休養だったものの、セルジ・ロベルトはクラブの施設を訪れてメディカルチェックを受けている。そして、診察の結果は重度の打撲だけにとどまっている。最終的に怪我にはならず、すぐに痛みもなくなるということである。

この結果を受けて、12日と13日のトレーニングも通常通り行う予定であり、試合当日を万全なコンディションで迎えられるだろう。

監督エルネスト・バルベルデにとって、セルジ・ロベルトの存在は非常に重要であり、多少の違和感だったとしても、チェルシー戦には起用されるだろう。

(文:SPORT)

SPORT.es

最終更新:3/12(月) 20:03
SPORT.es