ここから本文です

“一人横綱”鶴竜ヒヤリ 先場所金星配給の遠藤に辛勝 横綱・大関では唯一の連勝

3/12(月) 18:29配信

AbemaTIMES

<大相撲大阪場所>◇二日目◇3月12日◇エディオンアリーナ大阪

 横綱・鶴竜(井筒)が、先場所に金星を配給した遠藤(追手風)を苦戦しながらも退け、“荒れる春場所”の中で、横綱・大関陣では唯一の連勝発進となった。

 一人横綱となった鶴竜は今場所、右手、右手首が万全ではなく、AbemaTVで解説を務めていた元大関の把瑠都も「まわしを引けるか否か」が勝負のポイントと指摘していた。その言葉どおり、立ち合いで踏み込んだもののまわしを引くことができず、苦しい展開になった。

 形勢逆転、勝負は一瞬だった。土俵中央、左にはたき込んだ鶴竜の仕掛けに遠藤が反応できず、左手が土俵についた。最近の遠藤の状態の良さから「もう少し反応できると思った」と残念がった把瑠都。一方のゲスト解説・相撲好きお笑い芸人のはなわは、「(右手、右手首の影響もあり)前半戦はいいかもしれないけど、後半戦にかけて影響が出てくるはず」と、一人横綱として奮闘する鶴竜の今場所が、決して平坦な道ではないことを予見していた。

最終更新:3/12(月) 18:29
AbemaTIMES