ここから本文です

100均グッズで自作した「教えてミート君」でミート率アップ!

3/13(火) 11:02配信

ゴルフダイジェスト・オンライン(GDO)

練習の工夫は、お金ではなくアイデアです。“100均グッズで自作した”シリーズ第2弾は、ミート率アップのためのアイデアをご紹介。思わず「な~るほど!」とうなってしまう、すぐにでも練習場で試したくなるアイデアを、今回もキッズゴルフの加藤裕明インストラクターに教えてもらいました。

【画像】イ・ボミのデヘヘ…な1枚

■ワイドバンドで芯にミート

<準備するもの>
・ワイドゴムバンド×1(幅12mmくらいのもの)=108円(税込)
・両面テープ
・ハサミ

ワイドゴムバンドをはさみで2~3cmの長さに切り、裏側に両面テープを貼ります。そしてクラブフェースの芯の部分のみが露出するように、トウ側とヒール側に1枚ずつ貼ります。ウェッジの場合は、ミーリング加工されている左右のラインがひとつの目印となるはずです。

このクラブで気持ちよく球を打つには、ゴムバンドに挟まれた部分(芯)でミートしなければなりません。芯を外せばゴムバンドにあたり、鈍い打感が手に伝わります。打感や音がクラブにミートしていないことを教えてくれるので、1球ずつフェースの打球痕を探す必要がなく、アドレスやスイングの修正に集中することが可能になります。この練習を続けることで自身のクラブの芯の位置を理解でき、ミート率を上げることができるでしょう。

慣れてきた方、上級者の方はゴム幅を狭めていくことで、ミート率向上につながります。ウェッジ以外のクラブでも練習可能な工夫ですが、思わぬ打球が出る可能性もあることに留意し、前方や左右の安全確認は必ずしてください。自宅でもすぐに実践可能なほど安全で、しかも意外と効果的なのがパターです。ぜひお試しください。