ここから本文です

チンギスハン侮辱漫画、在日モンゴル人「下品で低レベル、英雄汚した」

3/14(水) 5:00配信

THE PAGE

 モンゴルの英雄チンギスハンの顔に侮辱的な描写を掲載した小学館の漫画誌に対し、元横綱朝青龍をはじめ、在日モンゴル人やモンゴル大使館が「非礼」と抗議。3月初め、小学館は掲載号の書店販売を中止しました。

 モンゴルの人たちは、この漫画表現にどんな思いを感じたのでしょうか。日本で活動する中国・内モンゴル自治区出身の写真家、アラタンホヤガさんが執筆します。

----------

最初は何かの間違い、誰かのいたずらかと思った

 2月、私は義母の入院で急に中国の内モンゴルへ戻った。その後、義母の容態が落ち着いてきた。ちょうど旧正月でもあり、私は実家から1000キロ離れた内モンゴル北東部に位置するフルンボイル草原まで、モンゴル族ブリヤート人の正月行事を取材するため、出かけた。

 滞在中のある日、中国版SNSのWeChatに日本語の記事が流されていることに気づいた。しかし、奥地でネット環境が悪くてそのときは内容を確認できなかった。2日後、フルンボイルの中心ハイラル市に戻った際、ようやく読むことができた。

 そこには目を疑う内容が書かれていた。それは小学館が発行する「コロコロコミック」(2018年3月号)に掲載されたギャグマンガ「やりすぎ!!!イタズラくん」でチンギスハンを侮辱した描写があったという内容に抗議する日本語とモンゴル語の記事だった。

 最初は何かの間違いか、あるいは誰かのいたずらかと思い、Yahoo!JAPANを検索してみた。するとその記事と関連する記事がたくさん出てきた。本当にショックだった。

 なぜなら、私たちモンゴル人は日本や日本人に対して、非常に親近感をもち、勉強熱心さ、勤勉さ、真面目さ、ものづくりの素晴らしさなどに尊敬を持っているからだ。このことは言うまでもない。

 日本のアニメはモンゴル国や私の出身である中国内モンゴル自治区でも高い人気がある。私も小学生の時、「一休さん」のアニメが大好きだったし、母たちが「おしん」のドラマをみて泣いている様子を何度も見た記憶がある。

 しかし、そんなイメージを抱いていた日本でこのような漫画が、大衆に対して堂々と出版され、そして受け入れられたことが、多くのモンゴル人のみならず、世界中のチンギスハンを尊敬し、神様として崇めている人たちにとって何よりも悲しいことだった。

1/3ページ

最終更新:3/20(火) 5:56
THE PAGE