ここから本文です

【3月12日インディアンウェルズまとめ】ダニエル太郎がジョコビッチを下すサプライズのほか、大坂なおみはヴィッカリーにストレート勝ち

3/13(火) 12:30配信

THE TENNIS DAILY

日本時間3月12日、「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月8~18日/ハードコート)で、ダニエル太郎(日本/エイブル)が、元世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を破る大金星で、3回戦に進出した。

「全豪オープン」でのダニエル太郎

そのほかの上位シード勢では、ロジャー・フェデラー(スイス)やフアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)らが順当に次の試合に駒を進めたほか、第4シードのアレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)が敗れる番狂わせもあった。

ダニエルは今回、ジョコビッチとは初の対戦で、同選手との戦績を1勝とした一方で、周囲を驚かせる勝利を手にした。次の3回戦では、レオナルド・メイヤー(アルゼンチン)と対戦する。

ほかにも、フェデラーが6-3、7-6(6)でフェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)との、雨の影響で2日にわたった試合で勝ちきったほか、ジャック・ソック(アメリカ)が6-2、7-5でトーマス・ファビアーノ(イタリア)を破った。

上位シード勢やビッグネームの選手としては、フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン)が6-2、6-1でアレックス・デミノー(オーストラリア)を無難に退けたほか、マリン・チリッチ(クロアチア)が7-5、6-3でマートン・フクソービッチ(ハンガリー)に勝利した。

ただ、アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)がジョアン・ソウザ(ポルトガル)に敗戦する番狂わせもあった。

一方で女子大会の「BNPパリバ・オープン」(アメリカ・インディアンウェルズ/3月7~18日/ハードコート)のシングルスでは、大坂なおみ(日本/日清食品)がサーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)に6-3、6-3でストレート勝利を収めており、次の試合にも期待がかかる。

また、第1シードのシモナ・ハレプ(ルーマニア)が1-6、7-6(3)、6-2でキャロライン・ドラハイド(アメリカ)を退けたほか、カロリーナ・プリスコバ(チェコ)が7-5、5-7、6-3でジャン・シューアイ(中国)を、スローン・スティーブンス(アメリカ)が6-1、7-5でビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)を制する結果となった。

ココ・バンダウェイ(アメリカ)やエレナ・オスタペンコ(ラトビア)が黒星を喫するサプライズもあったほかは、順当に勝ち残った格好だ。

◇   ◇   ◇

【3月12日 主な試合結果】

◆男子シングルス1回戦

○ダニエル太郎(日本/エイブル) 7-6(3)、4-6、6-1 ●ノバク・ジョコビッチ(セルビア)

○ロジャー・フェデラー(スイス) 6-3、7-6(6) ●フェデリコ・デルボニス(アルゼンチン)

○ジャック・ソック(アメリカ) 6-2、7-5 ●トーマス・ファビアーノ(イタリア)

○フアン マルティン・デル ポトロ(アルゼンチン) 6-2、6-1 ●アレックス・デミノー(オーストラリア)

○マリン・チリッチ(クロアチア) 7-5、6-3 ●マートン・フクソービッチ(ハンガリー)

○ジョアン・ソウザ(ポルトガル) 7-5、5-7、6-4 ●アレクサンダー・ズベレフ(ドイツ)

◆女子シングルス

○アマンダ・アニシモワ(アメリカ) 6-2、6-4 ●ペトラ・クビトバ(チェコ)


○シモナ・ハレプ(ルーマニア) 1-6、7-6(3)、6-2 ●キャロライン・ドラハイド(アメリカ)


○大坂なおみ(日本/日清食品) 6-3、6-3 ●サーシャ・ヴィッカリー(アメリカ)

○カロリーナ・プリスコバ(チェコ) 7-5、5-7、6-3●ジャン・シューアイ(中国)

○マリア・サカーリ(ギリシャ) 6-2、6-4 ●ココ・バンダウェイ(アメリカ)

○ペトラ・マルティッチ(クロアチア) 6-3、6-3 ●エレナ・オスタペンコ(ラトビア)

○スローン・スティーブンス(アメリカ) 6-1、7-5 ●ビクトリア・アザレンカ(ベラルーシ)

(テニスデイリー編集部)

※写真は「男子テニスATPワールドツアー マスターズ1000 インディアンウェルズ」のジョコビッチ戦でガッツポーズをとるダニエル太郎
(Photo by Matthew Stockman/Getty Images)

(c)テニスデイリー

最終更新:3/13(火) 13:33
THE TENNIS DAILY