ここから本文です

【タイ】阪急不がタイ3件目着手、販売総額180億円

3/13(火) 11:30配信

NNA

 阪急不動産は12日、タイ3件目となるコンドミニアム(分譲マンション)事業「エカマイ・プロジェクト」(仮称)を立ち上げたと発表した。販売総額は53億バーツ(約180億円)。2021年2月の竣工(しゅんこう)を予定する。
 1戸当たりの平均販売価格は570万バーツで、計870戸となる。最寄り駅は高架鉄道(BTS)エカマイ駅。日本人が多く住むトンロー通りにも近く、近隣に商業施設や病院があり利便性が高いとしている。
 阪急不動産はタイで、地場のセナ・デベロップメントと合弁で住宅開発を手掛けている。昨年に立ち上げた1~2件目は、それぞれ19年、20年の竣工を予定する。
 海外ではタイのほか、ベトナム、フィリピン、インドネシアでも住宅を開発。ベトナムでは既にマンション2事業が完工しており、ほかの物件もこれから随時引き渡されていく見込みだ。

最終更新:3/13(火) 11:30
NNA