ここから本文です

2017年にイギリスでもっとも注目された新人ラッパー、ロイル・カーナーが初来日公演を開催

3/13(火) 14:33配信

CDジャーナル

 〈BBC SOUND OF 2016〉に選出されたことで一躍注目を浴び、昨年リリースしたデビュー作はUKチャート初登場14位を記録。数々のメディアで年間ベスト・アルバムに選ばれるなど高く評価されたサウスロンドン出身のラッパー、ロイル・カーナー(Loyle Carner)が、5月17日(木)に東京・渋谷 WWWで初来日公演を開催。4月4日(水)にはデビュー・アルバムの日本盤『イエスタデイズ・ゴーン』(HSU-10186 2,400円 + 税)の発売も決定しています。

 ロイル・カーナーは、アデルやエイミー・ワインハウスが卒業した名門BRIT SCHOOLを同級生のキング・クルールと共に卒業。音楽活動を本格化させるとすぐにNASのロンドンO2アリーナ公演やジョーイ・バッドアスのUKツアーのサポートに抜擢され、順風満帆なキャリアを歩みながらも、自身のADHDと難読症を告白し、ADHDを持つ子供たちをサポートする活動にも尽力。ハンデをもろともしないポジティヴで実直な姿が人々の共感を呼んでいます。

最終更新:3/13(火) 14:33
CDジャーナル