ここから本文です

チャン・グンソク、2018人のファンとパラリンピック競技を観戦。香取慎吾との再会も!

3/13(火) 17:52配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

俳優・歌手としてマルチなタレント性を発揮し、幅広い世代そして国境を越えて絶大な人気を誇るチャン・グンソクが、先週末、江原道(カンウォンド)の各所で平昌冬季パラリンピックの広報活動を精力的に行った。

【詳細】他の写真はこちら

『2018平昌冬季オリンピック』『2018平昌冬季パラリンピック』および“江原道”の広報大使を務め、そして江原道と韓国観光公社が主催する『3月のスノーフェスティバル』の幕開けとなるスタートを切ったチャン・グンソクは、3月9日に春川(チュンチョン)で『チャン・グンソク2018 ファンとのスペシャルな出会い』を開催し、翌日10日には2018名の韓国国内外のファンと共に、平昌冬季オリンピック大会のアイスホッケー競技を観覧し、意味のある時間を過ごした。

これはチャン・グンソクが自ら2018枚のチケットを購入してファンを招待し実現したもので、「選手たちが繰り広げる感動と熱い情熱をファンと共に感じたかった」とコメント。特に、チャン・グンソクと様々な国からやってきたファンたちがひとつになって競技を観戦、勝ち負けを越えて選手たちを激励する姿は見る者に感動を与えた。

またチャン・グンソクは同日、SNSに香取慎吾と撮影した記念ショットを公開した。今大会のスペシャルサポーターとして平昌を訪れた香取慎吾も、SNSに「平昌パラリンピック広報大使のチャン・グンソクさんが会いに来てくれました! お会いできてうれしかったです! 広報大使頑張ってくださーい! 僕も頑張って平昌パラリンピックの熱気を日本に伝えます! グンちゃんありがとう!!」と書き込み、同じくグンソクと撮影した2ショット写真を添えた。ふたりの再会にファンやネットユーザーからは歓喜の声が寄せられている。

さらに競技観戦以外にもチャン・グンソクは“3月のスノーフェスティバル”の参加意義と広報大使としての活動計画、そして抱負などを語るメディアブリーフィングを開き、より多くの人々がオリンピックそして江原道に関心を抱くための一助を果たした。

それだけではなく江陵(カンヌン)の月花通りでオリンピックの五輪旗を模した望みツリーに願い事をかけ、各国の選手たちの勝利を願う望みツリーのセレモニーに出席。願い事には“世界平和の始まり! 大韓民国! 江原道”と書き、江原道への愛も表現した。

チャン・グンソクは昨年10月から5ヵ月にわたって行われた日本ツアー『JANG KEUN SUK THE CRISHOW IV -Voyage-』を大盛況のうちに終え、現在はSBSドラマ『スイッチ-世界を変えろ』の撮影中。ドラマは今月28日より韓国で放送スタートする予定だ。

写真提供:Tree J company、韓国観光公社、江原道庁

リリース情報
2018.06.27 ON SALE
DVD『JANG KEUN SUK THE CRISHOW IV -Voyage-』

チャン・グンソク 日本公式サイト
http://www.jang-keunsuk.jp/