ここから本文です

【全米映画ランキング】「ブラックパンサー」V4 ディズニーのSF大作「A Wrinkle in Time」は2位

3/13(火) 16:01配信

映画.com

 [映画.com ニュース]4本の新作が公開された先週末の全米ボックスオフィスは、マーベル・スタジオの新作「ブラックパンサー」が公開4週目ながら約4100万ドルの興収をあげ、V4を果たした。

 4週連続の首位は15年末公開の「スター・ウォーズ フォースの覚醒」以来。累計は5億6200万ドルとなり「ダークナイト」(08、12年/約5億3400万ドル)を抜き、現在全米歴代7位につけている。また先週末に中国でも公開され大ヒットを記録、全世界興収10億ドル超えを果たした。

 約3300万ドルのオープニング興収で初登場2位となったのは、マデレイン・レングルの児童小説「五次元世界のぼうけん」をディズニーが映画化したSFファンタジー大作「A Wrinkle in Time」。行方不明になった科学者の父を探す13歳の少女メグら3人が、3人の魔女の助けを借りて時空を越えて冒険する物語。出演はオプラ・ウィンフリー、リース・ウィザースプーン、ミンディ・カリング、クリス・パイン、ザック・ガリフィアナキスに子役のストーム・リード。監督は「グローリー 明日への行進」のエバ・デュバーネイ。

 3位も初登場のホラー「Strangers: Prey at Night」。2008年公開のリブ・タイラー主演「ストレンジャーズ 戦慄の訪問者」の続編。人里離れたトレイラーパークに数日滞在することになった家族に、マスクをした3人のサイコパスが襲いかかる。出演はクリスティーナ・ヘンドリクス、ベイリー・マディソン、マーティン・ヘンダーソン。監督は「海底47m」のヨハネス・ロバーツ。

 4位は前週2位だったジェニファー・ローレンス主演のスパイアクション「レッド・スパロー」。先週末は約810万ドルの興収で累計は約3100万ドル。前週3位デビューだったブルース・ウィリス主演の犯罪スリラー「Death Wish」は6位にランクダウン。累計は約2300万ドルにとどまっている。

 8位初登場となったのはアクションスリラー「The Hurricane Heist」。タイトルそのままにハリケーンの中で強盗を企てる悪党たちの物語。「ワイルド・スピード」「トリプルX」のロブ・コーエン監督作なのでレビューはかなり厳しめ。興行的にも苦しいスタートとなった。出演はトビー・ケベル、マギー・グレイス。

 その他、デビッド・オイェロウォ、シャーリーズ・セロン、ジョエル・エドガートン、アマンダ・セイフライド、シャルト・コプリーら豪華スター共演のダークコメディ「Gringo」はトップ10入り出来ず、圏外11位のスタートとなってしまった。

 今週末は、人気ゲームの映画版をオスカー女優アリシア・ビカンダー主演でリブートしたアクション大作「トゥームレイダー ファースト・ミッション」に、ゲイの少年の青春コメディ「Love, Simon」などが公開となる。

最終更新:3/13(火) 16:52
映画.com