ここから本文です

川田利明が初のプロデュース大会開催 コンセプトは「昔」と「今」の化学反応

3/13(火) 16:01配信

東スポWeb

“デンジャラスK”こと川田利明(54)が13日、都内で会見し、初のプロデュース興行「Holy War」(4月26日、東京・新木場1stRING)を開催すると発表した。

 2010年8月15日の新日本プロレス・両国大会を最後にリングを離れている川田はセミリタリア状態で、近年はプロレス界との関わりが薄かった。それでも「体がガタガタでリングに上がれない中で何かできないかなというのがあり、声をかけてくれる人がいた。今までなかったリングを手がけられればと思った」と開催を決めた。

 この日は具体的なカードは発表されなかったが「コンセプトとしては、昔の名前のある人と今の名前のある人を当てたらどうなるんだろうと。本人同士は嫌がるかもしれないけど、今までになかったものじゃないかと思う」と説明した。

 昔からやってきた選手では具体的に越中詩郎(59)や本田多聞(54)、現代の選手では丸藤正道(38)の名前を挙げた。また女子プロレスも取り入れ、様々なジャンルの試合を組み合わせたものにしたいという。

 第1弾大会は6試合程度を予定し、その後は2か月に1回のペースで開催する方針。「興行的に100点が取れるようなものだといいなと思う」と大会の成功に自信をのぞかせた。

最終更新:3/13(火) 16:12
東スポWeb