ここから本文です

カー娘が男子代表とダブルスで凱旋試合 山口剛史とコンビの藤沢「楽しくいい思い出を」

3/13(火) 16:52配信

デイリースポーツ

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(14日開幕、みちぎんドリームスタジアム)

【写真】日本カー娘3大美女の1人に数えられる藤沢ちゃん、絶叫姿が 可愛すぎる

 平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得した女子のLS北見と、男子の同五輪代表のSC軽井沢クのそれぞれのメンバーがタッグを組み、夢対決の期待が高まる「日本ミックスダブルス選手権」の強化委員会推薦チームの記者会見が13日、行われた。

 LS北見のスキップ藤沢五月(26)は、SC軽井沢のセカンド山口剛史(33)と、サードの吉田知那美(26)は、サードの清水徹郎(30)と、リードの吉田夕梨花(24)はスキップの両角友佑(33)とチームを組む。

 メダリストとしての凱旋試合となる藤沢は「ミックスダブルスは私は何年か前に父と出たんですけど、そのときは喧嘩して終わって」とエピソードを明かし、「今回は頼りがいのある山口お兄さんがいる。いっぱいスイープしてもらって、楽しくいい思い出を作りたい」と、笑顔で意気込んだ。

 吉田知は「プレーヤーとしてミックスという違う種目を通して、成長できる機会。4人制にも生かせると思う。しっかり戦いたい」とさらなる成長を求めて参戦。吉田夕も「さきほど姉がいったように、経験をまたチームで生かせたらと思う。両角お兄ちゃんに付いていきたい」と、意気込んだ。

 3チームはそれぞれ別ブロックに配置されており、激突の可能性があるのは、早くても17日のプレーオフ以降。平昌五輪の活躍でのカーリングブームにより、日本協会は初めてチケットを有料化したが、各日256枚のチケットはすでに全日程で完売。優勝チームは世界選手権(4月・スウェーデン)に出場する。