ここから本文です

“元祖4冠王”内藤九段が藤井六段を絶賛…「10代で日本一になる」

3/13(火) 20:30配信

デイリースポーツ

 日本将棋連盟は13日、藤井聡太六段(15)が2017年度の成績で、「勝率」「対局数」「勝数」「連勝」部門でトップとなることが確定し、4冠を達成したと発表した。藤井六段は今年度、この日まで70回対局し、59勝11敗。勝率は0・843で、連勝記録では昨年6月、歴代最多記録となる29連勝を達成していた。

【写真】美しすぎる羽生夫人・理恵さんが藤井四段に言及「藤井先生の感性豊かな…」

 日本将棋連盟によると、年度成績の4冠を成し遂げたのは、1967年以降、内藤國雄九段(78)と羽生善治竜王(47)の2人だけ。“元祖4冠王”内藤九段がデイリースポーツの取材に応じ、藤井六段を祝福した。

 内藤九段は1969年度に4冠を達成。当時を「私以外、誰もやらなかった『空中戦』で戦っていた。未知の世界でしたね」と振り返った。内藤九段は同年、29歳で初タイトルとなる棋聖位を獲得しており、「19歳で4段になったとき、30歳までにタイトルを取ると宣言していたので、それが達成できてホッとしたことだけ覚えていて、4冠だの連勝だのはあまり覚えてないんですよ」と話した。

 藤井六段が15歳の若さで4冠を達成したことについては「冷静に言うと、15歳ごろというのは数学的には一番頭が良い時期」としつつ、「特に連勝を続けていけば、緊張するもの。将棋盤の前だけで集中すればいいというものではなく、普段から緊張感があるんです。今回、これだけ注目される中で、15歳の若さで記録を作ったというのは、やはりすごいことです」と絶賛した。

 その上で「藤井さんは、日本一の存在には間違いなくなるでしょう。そう遠くないうちに、10代のうちになってもおかしくない」と評価。その上で「でも、羽生さんが達成した『永世七冠』は難しいんじゃないですかね。今はみんながコンピューターで勉強して、同じような将棋を指せるようになる。層が厚くなってますから」とも分析した。