ここから本文です

カー娘・藤沢五月 混合複には苦い思い出「ケンカして終わった」

3/13(火) 20:52配信

デイリースポーツ

 「カーリング・日本ミックスダブルス選手権」(14日開幕、みちぎんドリームスタジアム)

【写真】もぐもぐタイム再び…藤沢ちゃんイチゴをパクッ

 平昌五輪で日本カーリング史上初の銅メダルを獲得した女子のLS北見と、男子の同五輪代表のSC軽井沢クのそれぞれのメンバーがタッグを組み、夢対決の期待が高まる日本ミックスダブルス選手権の強化委員会推薦チームの記者会見が13日、行われた。

 LS北見のスキップ藤沢五月(26)は、SC軽井沢のセカンド山口剛史(33)と、サードの吉田知那美(26)は、サードの清水徹郎(30)と、リードの吉田夕梨花(24)はスキップの両角友佑(33)とチームを組む。

 メダリストとしての凱旋試合となる藤沢は、実は混合複には苦い思い出がある。「ミックスダブルスは私は何年か前に父と出たんですけど、そのときは喧嘩して終わって…」と、苦笑い。当時は混合複の競技が誕生したばかりで「作戦だったり、コミュニケーションの取り方が分からなくて。性格が似てるので、意地を張り合ってうまくいかなかった」と、振り返った。ただ、それが今のカーリング観にもつながっている。「カーリングは1人ではできない。お互いにコミュニケーション取りながら、ショットを決めるのが大事だなと感じた。それがこの大会でもうまく繋がれば」。

 今大会では昔馴染みの山口とペアを組む。「今回は頼りがいのある山口お兄さんがいる。言いたいことを言い合えるけど、言い過ぎてケンカにならないようにしたい。いっぱいスイープしてもらって、楽しくいい思い出を作りたい」と、笑顔で意気込んだ。

 コンビを組む山口は「僕の出来が鍵になる。あとはイライラした時に僕がごめんなさいと言えるかどうか」と、笑った。