ここから本文です

『シャドウバース』新カードで他社コンテンツ転用発覚し謝罪

3/13(火) 16:01配信

オリコン

 デジタルカードゲーム『Shadowverse(シャドウバース)』(以下、『シャドバ』)が、3月10日に台湾のWEB番組と公式ツイッターで紹介した第8弾カードパック「Dawnbreak, Nightedge / 起源の光、終焉の闇」内の新カード「浄化の聖弾」で、イラストの一部に他社のコンテンツが転用されていた事実を確認したと公式サイトで発表し、謝罪した。

【写真】吉本興業、eスポーツ事業に参入『シャドバ』など4タイトルのプロチーム設立

 サイトでは、10日に台湾のWeb番組『闇影小學堂』と『シャドバ』の公式ツイッターで新カード「浄化の聖弾」を公開したところ、視聴者からイラストの一部が人気トレーディングカードゲーム『マジック:ザ・ギャザリング』のカードイラストに酷似していると指摘を受けたと説明。社内調査の結果、該当カードにイラストの転用が行われた事実を確認したと報告している。

 カードは同社が外部のイラストレーターに依頼して制作されたもので、担当のイラストレーターに聞き取りを行ったところ、他社コンテンツのイラストを素材に使用したことを認めたという。納品時のチェックが十分になされず、転用に気づくことができなかったと、原因についても釈明した。

 今後は、問題のカードにてついてイラストの修正をすると同時に、制作過程における法的な権利処理に一層の注意を払い、イラスト納品時のチェック体制を強化と問題の防止に務めるとしている。現状、該当以外のカードでコンテンツの転用や、権利侵害は確認していないが、今後の調査で判明した場合は適切に対応するとともに、詳細を報告するという。

最終更新:3/13(火) 17:45
オリコン