ここから本文です

“よりぬかない”『おたからサザエさん』刊行開始 幻の696点初書籍化でアニメの世界も広がるか

3/13(火) 19:16配信

デビュー

 漫画家・長谷川町子生誕100年記念及び朝日新聞出版創立10周年記念作品として、長谷川町子の代表作『サザエさん』のうち、1949~74年に朝日新聞に連載されながら書籍化されていなかった四コマ漫画だけを初収録した新刊『おたからサザエさん』(全6巻)を、20日から刊行開始する。

【写真】『おたからサザエさん』の表紙より。

 国民的漫画『サザエさん』は、1946年に福岡の地元紙「夕刊フクニチ」で連載が始まり、1949~74年に「夕刊朝日新聞」を経て「朝日新聞」に連載され、長らく読者を魅了し続けてきた。今回、長谷川町子美術館に秘蔵されていた未書籍化作品696点を全6巻にまとめて刊行する。

 『おたからサザエさん』には、いままでの単行本『サザエさん』や『よりぬきサザエさん』にはなかった新聞の掲載日付も掲載。当時の出来事や生活がしのばれる貴重な資料として、「昭和」を知る人には懐かしく、知らない人には新鮮に受け止められる初書籍化と言える。

 なお、2019年に放映開始50年を迎えるアニメ『サザエさん』も原作をベースに制作されているため、制作陣が新たに触れるエピソードがあれば、その世界観も大きく広がることとなり、関係者の期待も膨らんでいるという。

最終更新:3/13(火) 19:16
デビュー