ここから本文です

香港へ出荷開始 猪苗代産米「天のつぶ」

3/13(火) 10:14配信

福島民報

 福島県猪苗代町のコメ農家でつくるJA会津よつば猪苗代稲作部会は12日、香港に町産ブランド米「いなわしろ天のつぶ」300キロを出荷した。今後、2カ月ごとに約300キロ、年間約2トンを出荷する見通し。県によると東日本大震災と東京電力福島第一原発事故後、県産農産物が香港に輸出されたのは初めて。
 同日、小林文男部会長と前後公町長が町役場前で、香港に出荷する「いなわしろ天のつぶ」を車の荷台に積み込んだ。
 部会は3、4の両日、県が香港で開いた県産品のPRイベントに参加した。香港の飲食店経営者が試食して気に入り、現地の食品輸入業者を通して注文を受けた。
 健康志向の高まりや和食の世界遺産登録など海外で日本食が急速に普及、定着している現状を踏まえ、部会は町とともに海外輸出に向けた販路開拓に努めてきた。香港では2016(平成28)年から、日本貿易振興機構(ジェトロ)の商談会などに参加し、町産米を売り込んできた。町産米の海外輸出はカタール、アラブ首長国連邦(UAE)に続き、3カ国・地域目。

福島民報社

最終更新:3/13(火) 11:06
福島民報