ここから本文です

【映像】カトマンズ空港で墜落事故 少なくとも乗員乗客50人死亡

3/13(火) 14:44配信

アフロ

 ネパールの首都カトマンズの国際空港で3月12日、バングラデシュのダッカ発カトマンズ行きの旅客機が着陸に失敗して炎上、少なくとも50人が死亡、16人の生存者が病院に搬送された。
 バングラデシュのUS-バングラ航空BS211便には乗客67人と乗員4人が乗っていた。
 空港当局者によれば、ボンバルディア社製のダッシュ8―Q400型双発機は、1本しかない滑走路に管制塔の指示とは反対方向から進入して、着陸に失敗したという。
 インターネット上に投稿されたパイロットと管制塔のやり取りでは、滑走路への進入方向を巡って食い違いがあったようだ。事故直前の通信では、「着陸してもよいか?」というパイロットの問いかけに対して、「繰り返す、引き返せ」と答える管制官の声が聞こえる。
 同空港では2012年、エベレスト登山客を乗せたネパールのシーター・エアのターボプロップ機が離陸直後に墜落、乗員乗客19人全員が死亡するという事故があった。

(ネパール、カトマンズ、3月13日、映像:PA/AFLO)

最終更新:3/13(火) 14:44
アフロ