ここから本文です

【ブラジル】スーパーの4割が楽観的観測

3/13(火) 3:42配信

サンパウロ新聞

 サンパウロ州スーパーマーケット協会(APAS)が2018年1月に実施した調査では、同州内のスーパーマーケットの40%が、ビジネス環境の現在と先行きについて楽観的な見方を示した。17年11月調査で同様の見方を示したのは全体の23.9%だった。また、現在は考慮せずに先行きに対する信頼感だけに絞った質問に対しては、楽観的な回答を示したのは全体の49%だった。同協会は、信頼感の上昇は消費環境の改善をにおわすマクロ経済の諸要素に関係していると分析。同協会のエコノミストは、金利の低下と失業率の低下傾向について言及している。伯メディアが2日付で伝えた。

サンパウロ新聞

最終更新:3/13(火) 3:42
サンパウロ新聞