ここから本文です

駅周辺のグルメマップを駅員が作製 山陽小野田市厚狭駅

3/13(火) 13:46配信

宇部日報

実際に店舗に足を運び取材

 山口県山陽小野田市JR厚狭駅が、駅周辺の飲食店を紹介するグルメマップを構内2カ所に設置した。電車の待ち時間を厚狭のまちで快適に過ごしてもらおうと、地域活性化の思いも込めて作製。駅員自らが店舗に足を運んで取材した内容を、写真やイラストを交えて分かりやすくまとめている。

 マップは縦86センチ、横61センチの大きさで、人目に付きやすい在来線と新幹線の入り口付近に掲げた。厚狭駅前商店街とその周辺にあるカフェ、定食、ラーメンなど8店舗の写真と営業時間、簡単なプロフィルを掲載。料理と店内の写真、職員の感想などを詳しくまとめたファイルも備えた。お昼時に電車を待つ市外客から飲食店の問い合わせが多かったため、末廣拓也さん(33)=柿の木坂=を中心に駅員6人が手掛けた。

 昨年夏から実際に料理を食べ、従業員に話を聞いて仕上げた。観光客向けに県の特産品を使った料理を取り上げたり、キッズコーナーの有無を書いたりするなどして、幅広い利用客のニーズに応えた。マップ作りを通じ、もともと地元に詳しい末廣さんを含めて厚狭のまちの魅力を再発見することができたという。今月初旬には別の駅員が卒業を控える学生らに向けたメッセージを掲げて好評を得ており、末廣さんは「利用客に喜んでもらえるよう、地域とも連携して厚狭駅ならではの取り組みを続けたい」と話した。

最終更新:3/13(火) 13:46
宇部日報