ここから本文です

今すぐ旦那さんに確認!? 知らないともったいない医療費控除の新しい税制

3/13(火) 19:30配信

ファイナンシャルフィールド

出産を5月に控えるまゆみさん(仮名)は、会社員として働いています。2人目の子の出産については、経験から準備は少しずつ始めていてそれほど不安はなく、3月半ばからは産休に入る予定です。

出産のための検診などで医療費をたくさん使っているので、領収書は全部保管していました。

確定申告のために金額を合計したところ、医療機関からもらった領収書は約8万円で、医療費控除を受けるには足りないことがわかりました。

しかし、まゆみさんは平成29年からセルフメディケーション税制が始まったことを知っており、この税制を使えないかと夫に話したところ、控除が受けられたはずの領収書を夫は全部捨てていたのです。

なんと夫はこの税制に該当する薬を、毎月1万円ほど継続して購入していることがわかったのです。

まゆみさんはほんとうに後悔しました。

ここでは、このセルフメディケーション税制について解説します。

セルフメディケーション税制は、ハードルの高い医療費控除を使えるチャンスです

平成29年1月1日からスタートしたばかりの、聞きなれない制度は何だろうと思われる人もいるでしょう。

忙しい会社員は、税金の改正までなかなかチェックできないものです。まゆみさんの御主人もまったく知らなかったのです。

この税制は、医療費控除の特例として誕生しました。

特例なので期間が設けられており、平成29年1月1日から平成33年12月31日までの間です。健康維持促進と、病気の予防を行う個人を対象としています。

自発的に健康管理をする人を増やすことを目的としているため、健康管理を実施していることも条件に含まれます。

セルフメディケーション税制で所得控除を受けるための2つの条件

1.「スイッチOTC医薬品」の領収書を1万2000円以上集める
「スイッチOTC医薬品」で確定申告をする本人、または本人と生計を一緒にする親族や家族の合計購入額が年間1万2000円を超えていた場合、最大8万8000円まで控除の対象になります。

スイッチOTC医薬品かどうかはOTC 医薬品(約 1500 品目)は厚生労働省のホームページに掲載されています。

簡単に見分ける方法としては、ドラッグストアのレシートにセルフメディケーション税制対象商品のマーク(ドラッグストアにより異なります)がついています。

このマークを見かけたらしっかり保管しておきましょう。

もし10万円分の領収書があれば10万円-1万2000円=8万8000円の金額が所得控除の対象になります。

医療費控除のときには10万円だと0円ですから、使わないともったいない金額です。

2.健康維持管理を行った証明書を準備する
厚生労働省が事例としているものは下記の内容です。

・保険者(健康保険組合、市町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)
・市町村が健康増進事業として行う健康診査(骨粗鬆症検診、生活保護受給者等を 対象とする健康診査等)
・予防接種(定期接種又はインフルエンザワクチンの予防接種)
・勤務先で実施する定期健康診断(事業主健診)
・特定健康診査(いわゆるメタボ健診)または特定保健指導
・市町村が実施するがん検診
※市町村が自治体の予算で住民サービスとして実施する健康診査は、対象になりません。

詳しくは厚生労働省のホームページをご覧ください。
http://www.mhlw.go.jp/file/06-Seisakujouhou-10800000-Iseikyoku/0000143635.pdf

会社員のまゆみさんは、会社が毎年行っている健康診査を受けています。会社から受け取った「定期健康診断」結果通知表が証明書に該当します。

まゆみさんはそれを使うことにしました。また、お子さんと一緒にインフルエンザの予防接種も受けていたので、その領収書も保管していました。この領収書でも大丈夫です。

1/2ページ