ここから本文です

日本鋳造、「LEX」売上高3倍超へ

3/13(火) 11:05配信

日刊産業新聞

 日本鋳造は、低熱膨張合金の「LEX(レックス)」シリーズについて、2018年度からの次期中期経営計画で現状の3倍以上に売上高を伸ばす。同シリーズの先端商品である熱膨張ゼロ合金「LEX―ZERO(レックス・ゼロ)」の適用温度範囲を拡大するなど商品力を強化するとともに、レックス・ゼロの中位品種を開発することで、主に中国での売り上げを伸ばしたい考え。鋳鉄水平連続鋳造材「マイティバー」についても、中国からのOEM供給で国内販売を増やし、現状の全社売上高比率10%を20%程度に引き上げる構え。

最終更新:3/13(火) 11:05
日刊産業新聞