ここから本文です

スーパーフォーミュラ鈴鹿公式テスト2日目午後、松下信治がトップタイムも上位は大接戦

3/13(火) 19:00配信

motorsport.com 日本版

 鈴鹿サーキットで行われている2018スーパーフォーミュラ公式テスト。2日目の最後のセッションは、松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)がトップタイムを記録したが、上位4台が0.1秒以内にひしめくなど、全体的に僅差のリザルトとなった。

 昨日同様に15時00分からセッションが始まったが、開始10分のところで千代勝正(B-Max Racing Team)がデグナー2つ目でスピン。グラベルにマシンを止めてしまい、赤旗中断となった。すぐにセッションが再開されると、各車が続々とコースインした。

 午前と同じくロングランのテストを行うドライバーも多かったが、全体的に路面コンディションが良くなかったこともあり、セッション前半はラップタイムが1分38秒~1分40秒台で推移する展開。開始1時間の所で関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)が1分37秒575を出しトップに躍り出たが、その他のドライバーがタイムを上げてくる様子はなかった。

 開始1時間を経過したところで、関口がダンロップコーナーの先でコースオフしマシンをストップ。再び赤旗中断となった。計2回の中断があったため、セッション時間が10分延長された。

 残り30分を切ると、新品タイヤでタイムアタックのシミュレーションを行うマシンが増え始めた。その中でも速さを見せたのが松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)。1分37秒002を叩き出した。直後に山本尚貴(TEAM MUGEN)が1分37秒405、ナレイン・カーティケヤン(TCS NAKAJIMA RACING)も1分37秒088と好タイムを記録し、セッション残り10分というところでホンダエンジン勢がトップ3を独占した。

 そして、残り7分を切ったところで、各車が新品のソフトタイヤを装着してコースイン。タイムアタックを行うが、松下のトップタイムを更新することができず、セッションが終了。結局、松下が記録した1分37秒002がトップタイムとなった。2番手には平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)、3番手にはカーティケヤン、4番手に福住(TEAM MUGEN)という上位陣となった。

 最後のセッションはコンディションの影響もあり、1分36秒台に入らない結果となってしまったが、トップ4台が0.1秒以内にひしめくなど、例年よりも接戦なのが印象的だった。

 これで鈴鹿での公式テストは終了。次回は富士スピードウェイで3月28・29日に2回目のテストが行われる。

1/2ページ