ここから本文です

【NBA】約5年ぶりに古巣復帰後、ベンチ出場で大活躍したブランドン・ジェニングスはバックスの起爆剤となるか?

3/13(火) 14:55配信

バスケットボールキング

古巣との10日間契約を結んだ直後に大活躍!

 3月13日(現地時間12日)に行われたミルウォーキー・バックスとメンフィス・グリズリーズの試合で、ベンチスタートのブランドン・ジェニングスが約24分のプレータイムで16得点8リバウンド12アシストと大活躍し、バックスの勝利に大きく貢献した。

 もともとジェニングスは2009年のドラフト1巡目全体10位でバックスに指名され、NBAデビュー7試合目となった09年11月15日(同14日)のゴールデンステート・ウォリアーズ戦で55得点を奪う超絶パフォーマンスを披露するなど、バックスの主軸として活躍。09-10シーズンから12-13シーズンまで、先発ポイントガードとしてプレーしてきた。

 しかし13年夏にデトロイト・ピストンズへトレードされると、ジェニングスは昨季までの4シーズンでピストンズ、オーランド・マジック、ニューヨーク・ニックス、ワシントン・ウィザーズと渡り歩き、今季は中国リーグの山西ドラゴンズでプレー。その後バックス傘下のGリーグチームであるウィスコンシン・ハードで6試合に出場し、平均19.8得点5.2リバウンド7.3アシスト1.7スティールを挙げたのち、3月12日(同11日)にバックスと10日間契約を結んだ。ジェニングスは今季初戦で見事な活躍を見せたのである。

健康を取り戻したベテランがバックスを上昇気流に乗せることができるか?

 グリズリーズ戦で、約5年ぶりに古巣へ帰還したジェニングスが、現在イースタン・カンファレンス8位のバックスを勝利へと導いたのである。試合後、現地メディア『ESPN』に対し、ジェニングスはこのように語っている。

 「俺は中国でもハードワークを続けてきただけさ。俺がアキレス腱のケガ(2015年1月下旬に左アキレス腱断裂)で傷ついたことを皆わかってないんだ。でも今はようやく健康を取り戻すことができた。中国でプレーしていた時、まるでオークヒル高でプレーしてた頃のように感じていたんだ」。

 ジェニングスが語るように、自身のプレーレベルはNBAデビュー当時のような感覚を得ているようだ。バックスの選手たちも同意している。

 ルーキーシーズンにジェニングスとプレーしていたジョン・ヘンソンは「彼がNBAでプレーできるかどうか疑問だなんて、俺はまったく思ってなかった。彼がこのチームにいることに、とてもエキサイトしてるよ」と元チームメートの復帰を喜んだ。

 ジェニングスと入れ替わりでバックスに入団し、現在はエースを務めるアデトクンボはジェニングスが10日間契約ということに驚きを隠せないようだ。

 「クレージーだ。ブランドン・ジェニングスはNBAプレーヤーなんだ。彼が今夜見せてくれたことについて俺は驚いたりはしない。彼が俺たちを前進させてくれる手助けをしてくれると信じてるよ」。

 実は試合前、ジェニングスは「緊張していた」と振り返っていた。というのも「まるでルーキーとして最初のゲームみたいに感じていたんだ。このジャージーを着てプレーできることに感謝していた。とてもありがたいことさ」と語っていたのである。

 イースト8位のバックスは、3月に入って2勝3敗と黒星先行だったため、プレーオフの上位シード獲得に向けて、ジェニングスにはベンチから出てくる起爆剤として期待がかかる。

 ジェニングスはまだ28歳。自信と健康を取り戻したスコアリングガードが、今後もベンチからバックスに爆発力をもたらすことになりそうだ。

BASKETBALL KING