ここから本文です

歓喜の瞬間から早10年…2018年の獅子たちに見る栄光のV戦士との共通点

3/13(火) 9:10配信

Full-Count

4月の東京ドーム主催試合で“栄光のユニホーム”復刻

 埼玉西武は、4月の東京ドーム主催試合で開催する「ライオンズ・クラシック2018」において、2004年から2008年まで着用し、2度の日本一に輝いた栄光のユニホームを復刻する。

【動画】「ライオンズ・クラシック2018」であのユニホームを着用! 栗山と中村が意気込みを語る!

 2月にお披露目された栗山選手と中村選手のユニホーム姿を見たファンの中には、2008年の日本一の思い出がよみがえった方も多いだろう。10年の月日が過ぎたが、あの年の優勝メンバーと今年の主力を比べてみると、そこには意外なほどの共通点があった。

 まずは、強力・獅子打線を支える強打者たち。2008年は、中島選手(現・オリックス)が3番に座り、勝負強さと確実性を備えた打撃で打率.331を記録。楽天のリック選手と激しい首位打者争いを繰り広げた。25歳の栗山選手も、167安打で自身初の最多安打を獲得している。

 今年の埼玉西武で同様の活躍が期待できる選手は、間違いなく浅村選手だろう。昨年から2008年当時の中島選手と同じ背番号「3」を背負い、尊敬する先輩を彷彿とさせる勝負強さを発揮。昨年に引き続き、今年もキャプテンとしてチームを引っ張る活躍に期待したいところだ。

 さらに、昨年は秋山選手が自身2度目の最多安打に加えて、念願の首位打者も獲得。球界を代表するヒットメーカーが、今年も埼玉西武を攻守にわたって牽引してくれるだろう。

 次に、2008年の埼玉西武を象徴するホームランバッターを振り返りたい。当時の打線には、中村選手(46本塁打・本塁打王)、ブラゼル選手(同27本)、中島選手(同21本)、G.G.佐藤選手(同21本)、ボカチカ選手(20本塁打)の「20発クインテット」が君臨していた。

 リーグ最多の198本塁打を放った超強力打線は、10年経った今でも、パ・リーグファンの記憶に色濃く残っているのではないだろうか。

2008年「20発クインテット」に匹敵する長距離砲

 そして今年の埼玉西武にも、2008年から6度の本塁打王に輝いた中村選手を筆頭に、実績のあるメヒア選手、昨年大ブレイクを果たした山川選手など、リーグを代表する長距離砲が在籍している。

 その他にも、浅村選手(昨季19本塁打)や秋山選手(同25本)、森選手など長打が期待できる選手が目立つ。埼玉西武が誇る長距離打者の系譜は、しっかりと受け継がれているようだ。

 2008年の埼玉西武打線は、実は盗塁でもリーグ最多の107個を記録した。その中心にいたのが、50盗塁で盗塁王を獲得した片岡選手だ。オフに現役を引退した韋駄天は、不動の1番打者として切り込み隊長を務め、盗塁王と同時に最多安打も獲得している。

 今年の埼玉西武も源田選手(昨季37盗塁)、金子侑選手(同25盗塁)、外崎選手(同23盗塁)など俊足揃い。昨年のチーム盗塁数は、リーグトップの129盗塁を記録した。

 パ・リーグ屈指の機動力と強打が融合することで、2008年に匹敵する完成度の高い攻撃が実現できるだろう。しかし、もちろん、酸いも甘いも味わった長い月日を経て、埼玉西武はさらに頼もしく進化しているはずだ。

 シーズンが開幕してすぐの4月17日には、「ライオンズ・クラシック2018」が開催される。懐かしいユニホームと同様に、現在着用しているユニホームもまた伝説となるように。思い出深い東京ドームで弾みをつけ、再び「強い埼玉西武」を見せ付けてほしいものだ。

(記事提供:パ・リーグ インサイト)

「パ・リーグ インサイト」吉田貴

最終更新:3/13(火) 9:10
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合6/19(火) 6:30