ここから本文です

【MLB】忘れてはいけない“強み” マイナーキャンプ降格の中後悠平が再確認したこと

3/13(火) 20:41配信

Full-Count

OP戦苦戦で開幕メジャーはならず、原因は「勝負どころでの配球と制球の甘さ」

 ダイヤモンドバックスのメジャーキャンプに参加していた中後悠平投手が10日(日本時間11日)にマイナーキャンプ降格となった。米球界3年目、2年連続で招待選手としてキャンプに挑んだが、開幕メジャー入りはならず。シーズン中の昇格へ向けて、再スタートを切った。本人は降格直後、実戦で結果が出なかったことへの反省点を挙げつつ、自分の“強み”を生かしてアピールを続けていくことを改めて誓った。

【表】1位は367億超えの衝撃金額、田中将大もランクイン…MLB現役選手の大型契約ランキング

 オープン戦では2試合に登板し、3回6安打4失点で防御率12.00。アリゾナ州立大学との練習試合でも1/3を投げて1四球4安打2失点と乱れるなど、結果を残せなかった。それだけに、マイナーキャンプ降格を覚悟していたという中後は「やっぱりボール半個分高いというのと、あとは配球。勝負どころでの配球と制球の甘さが打たれた原因かなというのもありますし、もう1つは率直に力不足」と振り返った。

 配球とはどういうことか。大事なところで自分の“武器”を生かせなかったことを本人は悔やんだ。

「キャッチャーのサインと自分の思ってるサイン(の違い)。あとはゴロを打たせるということを意識しすぎたかも分からないけど、僕の武器であるスライダーもそこまで多投していなかった。いつもだったらスライダーを投げて三振を取るところ、カウントを取るところでも、ツーシームとかチェンジアップでゴロを打たせようとか、そういうことばかり考えて。それが甘くなって痛打されるというのが(投球を)振り返って、ビデオで見て、カウントも見て、そういうところも原因の1つかなと。

 もちろん、アピールしていく上でそういうピッチングをしていかなあかんという中でやっていたので、そこに後悔はないですけど、僕のピッチングスタイルでのああいう配球というのは、合ってないということじゃないですけど…。そういうピッチングをする時と絶対に空振りを取るピッチングをしなければならない時が絶対にオープン戦の中でもあったと思うんですけど、そこでゴロを打たせるとか、とにかく球数少なく投げるっていうことばかり考えていて、ちょっとそういうところが出来てなかったかなという感じです」

1/2ページ

最終更新:3/13(火) 20:41
Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合8/21(火) 22:50

Yahoo!ニュース特設ページ