ここから本文です

【MLB】ダルビッシュと契約するまで…カブス社長が交渉の“裏側”明かす「ハッピーだ」

3/13(火) 22:10配信

Full-Count

先発投手補強が急務だったカブス、なぜダルビッシュに惹かれていったのか…

 昨季終了後にドジャースからフリーエージェント(FA)となったダルビッシュ有投手はカブスと契約し、開幕に向けて順調に調整を進めている。史上稀に見るスローペースとなった今オフのFA市場。カブスがダルビッシュとの契約を正式発表したのも2月13日と、NO1評価を受けるFA選手としては異例の遅さだった。

【動画】ダルが投じるファストボールの軌道は「まるでマジシャンのよう」…スライダーは“フリスビー”!? 多彩な球種で圧巻の奪三振

 ダルビッシュのカブス入りが決まるまで、果たしてどんなやり取りがあったのか。MLB公式サイトは「時間の経過とともにダルビッシュはカブスに完璧にフィットした」とのタイトルで特集記事を掲載し、セオ・エプスタイン球団社長の証言を元にオフの“攻防”の裏側を振り返っている。

 2016年に世界一に輝いたカブスは、昨季もワールドシリーズ制覇の本命の1つと見られながら、頂点に届かなかった。レギュラーシーズンは16年のように独走とはいかず、リーグ優勝決定シリーズではダルビッシュに抑え込まれた試合もあり、ドジャースの前に敗退。記事では「エプスタインもジェド・ホイヤー(GM)も、その他の誰しもが、カブスは投手陣をテコ入れする時が来たと意見の一致を見た」としている。

 若手が順調に育ち、カブスの野手陣は現在、メジャー屈指の陣容となった。打撃も守備も間違いなくハイレベルだ。一方、投手陣にはやや課題があると見られていた。さらに、ローテの軸の1人だったジェイク・アリエッタがFAとなったことで、先発投手の補強は急務となっていた。

「我々の投手陣たちは、おおよそ平均的であり続けている。コマンドや素晴らしいディフェンス。こういったすべてのことに関してうまくできていると思う。しかし、毎年球界では投手の質がどんどん良くなる中で、遅れを取りたいとは思わない」

 記事の中で、エプスタイン球団社長はこのように証言。投手の補強に動く必要はあったが、FA市場でNO1とされていたダルビッシュを獲得するには大型契約が必要だったため、やや及び腰だったという。「交渉は喜んでするが、正直のところ、おそらくフィットしないだろう」という考えだった。

1/2ページ

最終更新:3/13(火) 22:20
Full-Count