ここから本文です

春本番へ雪づり外す 金沢駅東広場

3/13(火) 1:44配信

北國新聞社

 金沢市は12日、市内の公園や市道沿いの樹木に施してある雪づりの取り外し作業を始めた。初日は金沢駅東広場にあるクロマツ6本の作業が行われ、見守る駅利用者らが春本番を心待ちにした。

 支柱から放射状に下ろした30本の縄で枝をつる「りんごづり」を施したクロマツに、市からの委託を受けた「野々与造園」(同市)のスタッフが登り、手際よくはさみで縄を切って、高さ約8メートルの竹の支柱を外した。

 市職員は大雪による樹木への影響を確認し、枝折れなど目立った被害はみられなかった。担当者は「雪づりがしっかりと役割を果たしてくれた」と話した。雪づりの取り外しは、市内の公園32カ所と市道86路線などにある高木や低木を対象に、23日まで行われる。

北國新聞社

最終更新:3/13(火) 1:44
北國新聞社