ここから本文です

『ファンタビ』最新作、初映像!若きダンブルドアがホグワーツに降臨

3/14(水) 1:17配信

cinemacafe.net

エディ・レッドメインが主演を務め、世界約900億円の興行収入をたたき出し、日本でも73.5億円の大ヒットとなって“ファンタビ”現象を巻き起こした「ハリー・ポッター」魔法シリーズの最新作『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』。その日本公開日が11月23日(金・祝)に決定し、ついに、初映像となる約2分もの予告編映像が全世界一斉で解禁となった。

この記事のほかの写真

今作の舞台は、ロンドンとパリ。イギリスにもどってきた魔法動物学者の主人公ニュート(エディ・レッドメイン)は、強大な敵の魔法使いグリンデルバルドが逃げ出したことを知る。魔法界、そして人間界をもおびやかしかねない彼を追い、ダンブルドア先生とニュートがタッグを組み、ニュートの仲間、魔法動物(ビースト)たちとともに、一同はパリへと向かうことに――。

ホグワーツに若き日のダンブルドア先生、降臨!
今回の映像では、前作では登場しなかった、ハリー・ポッターたちの学び舎でもあるイギリスのホグワーツ魔法魔術学校に、魔法省の魔法使いたちが“姿現し”でやってくるシーンから幕を開ける。魔法使いたちが進む先には、なんと若き日のダンブルドア先生の姿が! ニュートの行方について問いただされるダンブルドアのシーンもあり、2人の関係が信頼で結ばれたものであることが見てとれる。


さらに、ニュートの相棒である魔法動物“ボウトラックル”が走るかわいらしいシーンや、フクロウに似たような魔法動物など、新しい魔法動物も登場。ほうきで空を飛ぶ魔法使いのシーンやホグワーツの生徒たちの姿も描かれているほか、前作でニュートが出会った仲間、ティナやクイニー、ジェイコブたちの姿も。また、謎の少年クリーデンスもちらりと映り、グリンデルバルドに2本の杖が向けられた場面なども登場。ハリー・ポッターから始まった魔法の物語に、再び新たな魔法がかかった内容となっている。

ジュード・ロウ×ジョニー・デップの闘いはどうなる!?
今作で若き日のダンブルドア先生を演じるのは、2度のアカデミー賞ノミネートを誇るイギリスの名優ジュード・ロウ。物語の鍵を握るグリンデルバルド役をジョニー・デップが魅力たっぷりに怪演しているほか、前作に引き続き、主人公の魔法使いニュートをアカデミー賞俳優エディ・レッドメイン、ニューヨークの魔法使いのティナ役をキャサリン・ウォーターストン、ティナの妹クイニーをアリソン・スドル、魔法が使えない普通の人間(ノーマジ)のジェイコブのダン・フォグラーらが続投。クリーデンス役も引き続き、エズラ・ミラーが務める。

より豪華になったキャストと、さらにスケールアップした展開で今度はどんな“魔法”を見せてくれるのか。引き続き、注目していて。

『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は11月23日(金・祝)より全国にて公開。

最終更新:3/14(水) 1:42
cinemacafe.net