ここから本文です

『ブラックパンサー』サントラが3週目の全米アルバム・チャート1位を獲得

3/14(水) 23:30配信

bmr.jp

『ブラックパンサー』サントラが3週目の全米アルバム・チャート1位を獲得

『ブラックパンサー』サントラが3週目の全米アルバム・チャート1位を獲得

記録的ヒットとなっているマーベル・スタジオの新作映画『ブラックパンサー』のサウンドトラック的作品で、スター・ラッパーのケンドリック・ラマーがプロデュースおよびキュレーションを務めることでも話題の『Black Panther: The Album』が、通算3週目の全米アルバム総合チャート1位を獲得した。

マーベルのスーパーヒーローたちが同じ架空世界を共有する「マーベル・シネマティック・ユニバース」作品の1作である映画『ブラックパンサー』は、公開から4週連続で北米興行収入1位となり、世界累計興行収入はついに10億ドル(およそ1兆円)を達成。マーベル作品での10億ドル突破はこれまで、『アベンジャーズ』、『アイアンマン3』、『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』、『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』の4作しかなく、記録的な大ヒットとなっている。

そして、今年1月の第60回グラミー賞でラップ4部門すべてをさらった30歳のスター・ラッパー、ケンドリック・ラマーと彼の所属レーベル TDEの最高経営責任者がプロデュースおよびキュレーションを担当した『Black Panther: The Album』も好調。アフリカ系およびヒップホップ~R&B系の人気アーティストが中心となって参加したこのアルバムは、発売後1週目となる2月24日付の全米アルバム・チャート、2週目の3月3日付チャートで連続して首位をキープ。先週、3月10日付チャートではボン・ジョヴィの新作『This House Is Not For Sale』に1位を譲り渡す形で2位にダウンしたが、今週発表された3月17日付チャートでふたたび首位に舞い戻った。

3週目の全米1位を獲得した『Black Panther: The Album』だが、週間実売セールスはおよそ1万5000枚に留まり、収録曲のストリーミング・サービスでの再生回数(収録曲の再生回数が1500回=1ユニット、アルバム1枚の売り上げ相当と換算)や単曲ダウンロード(収録曲10曲のダウンロード・セールスで1ユニット)などのポイントを足した総合でおよそ7万6000枚ユニットに。初週のおよそ15万4000ユニットからは半減しており、強豪がいないことが幸いした形だ。

今週2位には、映画『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが前週5位から再浮上。これは、先日開催された第90回アカデミー賞の授賞式におけるキアラ・セトルによる“This Is Me”のパフォーマンスが大きく影響したもので、実売セールスは前週比19%アップのおよそ3万9000枚に。実売セールスでは今週1位となった。また総合でも前週比14%増のおよそ6万ユニットを記録。“This Is Me”自体、全米シングル総合チャートで前週87位から今週60位へと浮上している。

今週の全米アルバム・チャートは、『ブラックパンサー』と『グレイテスト・ショーマン』のサウンドトラックが1位と2位を制することになったが、サウンドトラックが1位と2位を独占したのは、2010年6月26日付チャート以来、およそ8年ぶり。また、この2010年はTVドラマ『glee/グリー』のサウンドトラックが1位となっているが、劇場映画のサウンドトラックに限ると、『アルマゲドン』と『シティ・オブ・エンジェル』のサウンドトラックが1位と2位となった1998年7月25日付チャート以来、およそ10年ぶりのこと。

アカデミー賞効果では、主題歌“Remember Me”が歌曲賞(最優秀オリジナル・ソング)に輝いたディズニー/ピクサー映画『リメンバー・ミー』のサウンドトラックが、前週120位から今週39位へと大きく再浮上。“Remember Me”は、数種類のバージョンがある中で、授賞式でも披露されたミゲルによるエンドソング・バージョンの“Remember Me (Duo)”がもっとも好評だという。

また今週3位には、25歳の若手ラッパー/シンガー、トーリー・レインズの最新作『Memories Don’t Die』が初登場でランクイン。同作は週間実売セールスはおよそ1万5000枚だったが、ストリーミング・サービスでの収録曲の再生回数が1週間でおよそ5400万回を記録、ストリーミングによるポイントでおよそ3万6000ユニットを稼ぎ出し、総合で5万4000ユニットを記録した。またこれにより、米ラップ・アルバム・チャートでは『Black Panther: The Album』に次ぐ初登場2位、米R&Bアルバム・チャートでは初登場1位となっている。

最終更新:3/14(水) 23:40
bmr.jp