ここから本文です

“楽壇の帝王”カラヤンの世界初公開写真含むパネル展が銀座山野楽器本店にて開催決定

3/14(水) 15:10配信

CDジャーナル

 “楽壇の帝王”と呼ばれた指揮者ヘルベルト・フォン・カラヤン(Herbert von Karajan)が4月5日に生誕110年を迎えることを記念し、世界初公開写真を含むパネル展〈ヘルベルト・フォン・カラヤン パネル展〉が4月5日(木)、6日(金)、14日(土)、15日(日)の10:30~20:00に東京・銀座山野楽器本店にて開催されます。

 パネル展では、1977年11月11日にカラヤンが銀座山野楽器本店を訪れ、世界初となるサイン会を行なった際の貴重な写真のほか、カラヤンが表紙を飾った当時の音楽雑誌、直筆サイン入りCDなども展示されます。

 カラヤンが多くの名録音を残したドイツ・グラモフォンの日本販売元であるユニバーサル ミュージックは、3月7日(水)に映像作品を含むカラヤン関連商品を46タイトル発売。クラシック・アルバム・チャート(サウンド・スキャン調べ)では、トップ30にカラヤン関連商品が13作品チャートインしました。なかでも最も売れているのは、『パッヘルベルのカノン~カラヤン超定番ベストPREMIUM』(UCCG-90744~5 2,000円 + 税)となっています。

最終更新:3/14(水) 15:10
CDジャーナル