ここから本文です

ブライアン・イーノ、レア曲・未発表曲を収録するボックス・セットをリリース

3/14(水) 15:10配信

CDジャーナル

 ロキシー・ミュージックのメンバーとして1970年代初頭に音楽シーンに登場し、その後自らの作品を発表する傍ら、デヴィッド・ボウイ、トーキング・ヘッズ、U2ほか、多くのアーティストを手がけるプロデューサーとしても活躍してきたブライアン・イーノ(Brian Eno)。イーノのインスタレーションでしか披露してこなかった楽曲や、イーノ・オンライン・ストアのみで過去に限定販売していた作品などのレア曲・未発表曲を収録したCD6枚組『ミュージック・フォー・インスタレーションズ』(UICY-15731~6 9,800円 + 税)が5月4日(金)に発売されます。そのほか、シリアルナンバー入りでアクリル板表紙付きブックレットなどを同梱する限定盤CDスーパー・デラックスと、アナログ9枚組のLPスーパー・デラックス(いずれも輸入盤)が同時発売されます。

 パッケージはブライアン・イーノと長年コラボレーションしてきたニック・ロバートソンがデザインし、64ページのブックレットには、初公開の写真やイーノが書き下ろした解説などを収録。音源は英ロンドンのアルケミー・スタジオのマット・コルトンがマスタリングを担当しています(『メイキング・スペース』のみサウンドマスターズのケヴィン・メトカルフェ)。国内盤はSHM-CD仕様で英文解説の翻訳付きです。

最終更新:3/14(水) 15:10
CDジャーナル