ここから本文です

一人一人に合った快適な睡眠環境を共同開発、布団の西川とパナソニック

3/14(水) 15:10配信

MONOist

 パナソニックは2018年3月1日、西川産業と共同で、睡眠関連サービスの開発を開始したと発表した。睡眠への悩みを多く持つ現代人の快適な睡眠環境のサポートを目的とする。

 西川産業は、睡眠科学やライフサイエンスに基づいた寝具開発を行い、眠りに関する知見を多く持つ。パナソニックは、寝室環境において重要となる温度、湿度、照明、音響などの機器ネットワーク制御技術を保有している。今回、両社の知見と技術を組み合わせ、快適な睡眠環境を提供するサービスを開発する。

 具体的には、日中の活動データや暮らしのデータ、睡眠データなどを解析することで、快眠アルゴリズムを開発し、実証実験を行う。これにより、一人一人に合った快適な眠りを促進する環境づくりを進め、良い睡眠によって日中のパフォーマンス向上や健康増進などを目指すという。

 さらに、睡眠を軸とした美容や食、教育など、さまざまな領域に展開したサービス開発も進めるとしている。

最終更新:3/14(水) 15:10
MONOist