ここから本文です

アンドリュー・ロイド=ウェバー70周年を記念するミュージカル・コンサートが6月に開催決定

3/14(水) 15:10配信

CDジャーナル

 〈キャッツ〉〈ジーザス・クライスト・スーパースター〉〈エビータ〉〈オペラ座の怪人〉〈スクール・オブ・ロック〉などのミュージカル作品で知られるイギリスの作曲家、アンドリュー・ロイド=ウェバー(Andrew Lloyd Webber)の生誕70周年を記念し、〈アンドリュー・ロイド=ウェバー ミュージカル・コンサート〉が6月9日(土)と10日(日)に計3公演、東京・渋谷 東急シアターオーブで開催。

 公演では、ブロードウェイやウエスト・エンドなどでロイド=ウェバー作品に出演していたミュージカル・スターたちが名曲の数々を歌唱。出演者の第1弾としてマイケル・ゼイヴィア(Michael Xavier)、セリンダ・シューンマッカー(Celinde Schoenmaker)が発表されており、ほかの出演者は順次発表されます。

 また、3月16日(金)に発売される、ロイド=ウェバー自身の選曲 / 監修による最新ベスト・アルバム『アンマスクト(ザ・プラチナム・コレクション)』(UICY-15714~5 3,600円 + 税)から、ラナ・デル・レイ(Lana Del Rey)による「ユー・マスト・ラヴ・ミー」の音源が公開されています。この楽曲は、マドンナが主演した1996年の映画版『エビータ』のためにロイド=ウェバーが書き下ろしたもので、同年のアカデミー歌曲賞を受賞しています。

最終更新:3/14(水) 15:10
CDジャーナル