ここから本文です

李元大統領が検察出頭 収賄容疑など

3/14(水) 9:29配信

聯合ニュース

【ソウル聯合ニュース】韓国の李明博(イ・ミョンバク)元大統領が14日午前、大統領在職中(2008~13年)の収賄容疑などの取り調べを受けるため、ソウル中央地検に出頭した。

 検察に出頭を求められた韓国の大統領経験者は全斗煥(チョン・ドゥファン)氏や盧泰愚(ノ・テウ)氏、盧武鉉(ノ・ムヒョン)氏、朴槿恵(パク・クネ)氏に続き、李氏が5人目で、出頭したのは4人目となる。

 李氏は情報機関の国家情報院(国情院)やサムスンをはじめとする企業などから110億ウォン(約11億円)台に上る不正資金を受け取った疑いが持たれているが、保守陣営への「政治報復」と反発、容疑を全面否認している。

 収賄の認否を巡り、検察と李氏側は一歩も引かない攻防を繰り広げることが予想され、取り調べは翌日の明け方まで続く可能性が高い。検察はこの日の取り調べを最後に、李氏の逮捕状を請求するかどうかを決める方針だ。

最終更新:3/14(水) 9:34
聯合ニュース