ここから本文です

タロン・エガートンがエルトン・ジョンからもらったアドバイスは?

3/14(水) 11:00配信

映画.com

 [映画.com ニュース] 人気スパイアクション「キングスマン」のエグジー役でブレイクした新星タロン・エガートンを主演に迎え、イギリスを代表するシンガーソングライター、エルトン・ジョンの半生を描く伝記映画「ロケットマン(原題)」。約3カ月後にクランクインを控えたこの話題作にまつわる貴重な裏話を、ジョンの夫でプロデューサーのデビッド・ファーニッシュが米ハリウッド・レポーターに語った。

 ファーニッシュによれば、エガートンは同作のために、すでに3曲のレコーディングを済ませているという。ジョンのビンテージライブTシャツ姿で、英ロンドンにあるアビー・ロード・スタジオでのレコーディングに臨むエガートンの写真を手に、録音時を振り返ったファーニッシュは「後から聴いたエルトンも、あまりの素晴らしさに度肝を抜かれていた。『これ以上は望めないよ。最高だ!』って、えらく興奮していたよ」と笑顔で明かした。

 ゴリラのジョニーの声を演じた2016年の長編アニメーション「SING シング」の劇中、ジョンの往年のヒット曲「アイム・スティル・スタンディング」を見事に歌い上げてみせたエガートンだが、ジョンはあるアドバイスを授けたという。「エルトンは彼にこう言ったんだ。『僕を真似ようとするな。僕とそっくりに歌う必要なんてないんだから』ってね。単なるモノマネにならないよう、演じる人物の真髄を体現するのは、役者にとってすごく難しい挑戦だと思うけど、タロンならきっとやってのけてくれるはず」と全幅の信頼を寄せる。

 リー・ホール(「リトル・ダンサー」)が脚本を執筆、「キングスマン」のマシュー・ボーンがメガホンをとる本作は、英国王立音楽院を卒業した10代後半のジョンが、後に盟友となる作詞家バーニー・トーピンとの出会いを経て、「クロコダイル・ロック」「黄昏のレンガ路」、タイトルである「ロケットマン」などの名曲を次々と生み出し、世界的成功を手にする様子をドラマチックに描くもの。公開時期やエガートン以外のキャストについては、まだ発表されていない。

最終更新:3/14(水) 11:00
映画.com