ここから本文です

【欧州CL決勝T】ローマ 10季ぶり8強

3/14(水) 11:30配信

東スポWeb

【イタリア・ローマ発】ローマ(イタリア)は13日、ホームでシャフタル・ドネツク(ウクライナ)に1―0で勝って2戦合計2―2とし、第1戦で奪ったアウェーゴールのアドバンテージを生かして10季ぶりの8強入りを決めた。

 これぞイタリアの美学。ローマにとっては狙い通りの勝ち上がりとなった。第1戦は先制しながら逆転を許して1―2で敗れたが、同じ轍(てつ)は踏まなかった。スコアレスで前半を折り返し、迎えた後半7分にFWエディン・ジェコ(31)がスルーパスに抜け出して先制。MF長谷部誠(34)と同僚だったドイツのボルフスブルク時代にも得点を量産した頼れるストライカーが輝きを放った。

 イタリアで最も美しいとされる「ウノゼロ」(1―0)を完遂。トッティ引退後の名門は“次の時代”に向けた扉を開いた。

最終更新:3/14(水) 11:30
東スポWeb