ここから本文です

【欧州CL決勝T】セビリア「夢劇場」でつかんだ8強

3/14(水) 11:30配信

東スポWeb

【英国・マンチェスター13日(日本時間14日)発】サッカーの欧州チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦第2戦の2試合が行われ、セビリア(スペイン)が敵地でマンチェスター・ユナイテッド(イングランド)に2―1で勝ち、2戦合計2―1で現行方式になって初の準々決勝進出を決めた。

「夢の劇場」と呼ばれるオールド・トラフォードで夢をつかんだのはスペインの雄だった。第1戦はスコアレスドロー。1点の重みが増した状況の中で両チームともに慎重な立ち上がりだったが、後半に入って試合は動いた。

 29分、敵陣でスルーパスを受けた途中出場のFWウィサム・ベンエデル(27)がDFのマークを外して右足を振り抜くと、グラウンダーのシュートはゴール右に突き刺さった。さらにその4分後、CKから中央でフリックされたボールを逆サイドのベンエデルがヘディング。GKデヘアにはじかれたかに見えたが、ボールはゴールラインを割っており主審がゴールと認定。その後1点を返されたものの、完全アウェーの中で歓喜の瞬間を迎えた。

 ベンエデルは2012年、U―21フランス代表時代に夜遊びが発覚して追放処分を受けた苦い過去を持つ。そんなやんちゃな男が、前身のUEFA杯を含め、欧州リーグでは5度の優勝を誇る名門にCLでの新たな歴史を刻んだ。

最終更新:3/14(水) 11:30
東スポWeb