ここから本文です

カー娘対決ありそだね~ 平昌の熱狂再び!混合ダブルスでドリームマッチ

3/14(水) 6:00配信

デイリースポーツ

 「カーリング・日本混合ダブルス選手権」(14日開幕、みちぎんドリームスタジアム)

【写真】藤沢五月…美しすぎるカー娘と同僚だった頃の愛らしい姿

 平昌五輪で日本初の銅メダルを獲得した女子のLS北見のメンバーが、男子五輪代表のSC軽井沢クのメンバーとタッグを組んで出場する日本混合ダブルス選手権の強化委推薦チームによる記者会見が13日、青森市内で行われた。藤沢五月(26)、山口剛史(33)組、吉田知那美(26)、清水徹郎(30)組、吉田夕梨花(24)、両角友佑(33)組が出場。“そだねー”、“もぐもぐタイム”で一大ブームを巻き起こしたカー娘同士の夢対決となる。

 日本中を熱狂させたカー娘たちの戦いが、形を変えて青森の地で繰り広げられる。銅メダリストとなった藤沢、吉田知、吉田夕の3人が、男子代表SC軽井沢のメンバーと組んで混合ダブルスに出場。21チームを3ブロックに分ける1次リーグはそれぞれ別ブロックのため、最低でも17日のプレーオフまで勝ち進まない限り対戦はないが、藤沢は「いつもやっているメンバーがライバルになるのは、すごく新鮮で楽しみ」と、夢の対決を心待ちにした。

 平昌五輪ではメダルという結果はもちろん、試合中の北海道なまりの相づち「そだねー」や、第5エンド終わりの休憩時間に間食をとる通称「もぐもぐタイム」も話題となり、一大カーリングブームを巻き起こしている。今大会も平昌五輪の結果を受けて、初めて観戦が有料化されたが、各日256枚のチケットはすでに全日程で完売。ただ「4年に一度の競技」と言われてきただけに、選手たちにはこのチャンスを逃したくない思いは強い。吉田夕が「ブームで終わらせないようにしないと」と話せば、藤沢も「五輪で感じたパワーをこの大会で見せられたら」と、誓った。

 それぞれ即席チームながら、技術面では他を圧倒しており、当然、優勝候補となる。藤沢はかつて父の充昌さんと混合の試合に出場し「ケンカして終わった」と苦い経験を持つが、「あれでコミュニケーションの大事さを知った」。ペアを組む山口は「勝利の鍵は、僕がごめんなさいを言えるかどうか」と早くも“かかあ天下”をにおわせるなど各ペアの関係性にも注目が集まる。カーリングの新たな魅力を伝えるドリームマッチがいよいよ始まる。