ここから本文です

“ピンク髪のサックスプレイヤー”ユッコ・ミラー、古坂大魔王とのコラボ曲MV公開。キュートなダンスシーンもたっぷり!

3/14(水) 18:10配信

M-ON!Press(エムオンプレス)

2016年にデビュー・アルバム『YUCCO MILLER』で彗星のごとく現れ、話題を呼んだジャズ界の異端女子サックスプレイヤー、ユッコ・ミラーの2ndアルバム『SAXONIC』(読み:サキソニック)が、本日3月14日にリリースされた。

【詳細】「ボンノバンニベンガボーン」MVはこちら

本作は、“ユッコ・ミラーがロック・フェスに出演したら…”をコンセプトに、ロックフェスのセットリストを意識した内容。ロック、ファンク、スムース・ジャズ、スウィング・ジャズ、バラードと、ジャズの枠にとらわれず、踊れるアップテンポなナンバーを中心に、ユッコ・ミラー自身の書き下ろしによるオリジナル新曲4曲と、「Hello」(アデル)や「Virtual Insanity」(ジャミロクワイ)といった名曲のカバーなどを収録している。

その中でもひときわ目立つ楽曲が、古坂大魔王によって楽曲提供された「ボンノバンニベンガボーン」。ユーモラスなタイトルテーマながらも、ハードなダンストラックにクールなサックスが絡む、最高に踊れるナンバーで、両者のエンターテイナーとしてのユーモアと、音楽家としての真剣勝負により生まれた奇跡のコラボ曲だ。

ミュージックビデオでは、どこかでみたことあるような(?)ダンスもあり、迫真の演技もあり、怒涛のユッコ・ワールドが繰り広げられる内容に仕上がった。

リリース後には、レコ発ツアーも決定している。

ユッコ・ミラー コメント
昨年、テレビ番組での共演で古坂さんと初めてお会いしたのですが、収録後に音楽やサックスの話で盛り上がって、このようにコラボさせていただけることになって、本当にうれしいです。
古坂大魔王さんは、お笑い芸人でもあり本当に素晴らしい音楽家で、最高に楽しくてキャッチーでカッコいい楽曲に仕上げてくださいました! レコーディングもすごく楽しかったです。
この曲を一度聴いたら、ずっと頭から離れなくて、誰もが歌いたくなってしまうと思います。
MVでは振り付けもあるので、みんなにもぜひ踊ってほしいです!

リリース情報
2018.03.14 ON SALE
ALBUM『SAXONIC』

ユッコ・ミラー OFFICIAL WEBSITE
http://www.yuccosax.com/