ここから本文です

SMエンタテインメント、キーイーストを買収=ペ・ヨンジュンもSMの主要株主に

3/14(水) 11:34配信

WoW!Korea

SMエンタテインメント(以下、SM)が韓国最大の俳優マネジメント企業キーイーストを電撃買収した。

ペ・ヨンジュンのプロフィールと写真

 SMは14日「キーイーストの大株主であり最高戦略責任者(CSO)であるペ・ヨンジュンの持株を購入し、買収を進め、ペ・ヨンジュンもSMの新株を購入し、SMの主要株主となった」と明らかにした。

 これでSMは“俳優の名家”キーイーストを買収し、キーイーストの子会社である日本最大の韓流放送コンテンツプラットフォーム事業者であるデジタルアドベンチャー(以下、DA)まで保有することになった。

 SMはすでに2016年、SMエンターテインメントJAPAN(以下、SM JAPAN)を通じてキーイーストの日本国内の系列会社であり、JASDAQ上場会社であるDAの株を買収、2大株主となり、キーイーストとの縁を結んだ。

 今回の買収を通じてキーイーストはSMエンタテインメントグループに統合され、既存の名声を続けていくのはもちろん、SMのグローバルネットワークにより、俳優のより幅広い活動を後押しするものと見られる。

 特にキーイーストとDAが経営していたアーティストマネジメント、韓流メディア事業、ファンクラブおよび公演イベント事業などSMの長年のノウハウ内でさらに強力かつ幅広いシナジー効果を出すものと見通される。ここにキーイーストの既存の事業部門と共にスター、音楽、MCN、UCGなどのエンターテインメントコンテンツを基盤とするモバイル/オンラインプラットフォーム事業も韓国、日本はもちろん、グローバル市場をターゲットに多様に展開していく予定だ。

 一方、今回のSM新株買収を通じてSMの主要株主となったぺ・ヨンジュンはSMグループのマーケティングおよびキーイーストのグローバル戦略アドバイザーとして活動し、SMエンタテインメントグループの様々なグローバル事業戦略の樹立および推進にも力を添える計画だ。

 SMエンタテインメントのキム・ヨンミン総括社長(CSO)は、今回の買収および提携について「すでにDAに対する投資を通してSMグループとキーイーストグループは、様々な提携事業を進めてきていた。今回、1つのグループとして再誕生し、キーイーストとDAの強みをもっと生かし、最高のアーティストマネジメントおよび韓流メディア会社へと発展させるのはもちろん、様々なエンターテインメントコンテンツとスターおよびMCN、UCGコンテンツベースのグローバル・エンターテインメント・プラットフォーム事業を強力に展開していく予定だ。このため、様々なグローバルオンライン/モバイルプラットフォーム会社との投資および提携を活発に展開してい予定だ」と明かした。

最終更新:3/14(水) 11:34
WoW!Korea