ここから本文です

月面で“大ジャンプ”する感覚? 跳躍力を拡張する「Lunavity」、東大が開発

3/14(水) 15:49配信

ITmedia NEWS

 宇宙飛行士が月面で高く飛び上がる――そんな姿を、地球上でまねできるかもしれないデバイスが登場した。東京大学の暦本研究室は、人間の跳躍力を拡張するバックパック型のウェアラブルデバイス「Lunavity」を、テクノロジーイベント「SXSW 2018」(3月18日まで、米国オースティン)で披露している。

【画像】Lunavityに内蔵したローター

 頭上にドローンのように16台のローターを取り付け、人間の体の動きに合わせ、高くジャンプできるようサポートする。体全体を支えるよう構造を設計し、自分の体が軽くなったような体験が可能という。

 ハンディキャップを克服するだけでなく、バスケットボールのダンクシュートを手軽に体験する、他の歩行者の頭上を飛んで横断歩道を渡る――などの活用シーンを見込む。「Lunavityの研究は、私たちを未来へとジャンプさせる」(同研究室)としている。

 ニュースポーツの道具や、小型モビリティーへの活用など、アイデア次第で夢が広がりそうなLunavity。ドローンの活用が進む今、実用化する未来もそう遠くなさそうだ。

最終更新:3/14(水) 15:49
ITmedia NEWS