ここから本文です

【ダイオライト記念】ケイティブレイブ 人気に応える快勝で重賞7勝目

3/14(水) 21:30配信

東スポWeb

 14日、船橋競馬場で行われた交流GIIダイオライト記念(ダート2400メートル)は主導権を握ったJRAケイティブレイブ(牡5・杉山晴)が後続の追撃を振り切り、1番人気に応えて重賞7勝目を飾った。勝ち時計は2分34秒8。

 目野厩舎からの転厩初戦、フェブラリーステークス(2月18日=東京)11着からのタイトな間隔にも福永は「非常にいいコンディションで、返し馬でかなり手応えを感じられた。ムキにならないか心配だったが、いい集中力をキープ。3角で馬が慌てる感じだったが、よくしのいでくれました」と振り返った。

 上半期は連覇のかかる交流GI帝王賞(6月27日=大井2000メートル)が大目標になる。


★2着アポロケンタッキー=内田博騎手「勝ち馬に厳しい展開に持ち込めたが、相手が強かった。暖かくなればもっと状態は良くなる」

★3着マイネルバサラ=柴田大騎手「スムーズな競馬でこれ以上ない感じ。スピードが上がって離されたが、最後は差を詰めているし、力は出し切れている」

★4着ウマノジョー=御神本騎手「内に入れて競馬をしようと思ったが、差が開いて集中力を欠いてしまった」

最終更新:3/14(水) 21:30
東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ