ここから本文です

【W―1】武藤敬司 最後の月面水爆弾で劇勝「さようならムーンサルト」

3/14(水) 22:01配信

東スポWeb

 プロレスリングマスター・武藤敬司(55)が14日のW―1東京・後楽園ホール大会で、プロレス生活最後のムーンサルトプレスを成功させた。

 現在は各団体で活躍する“教え子”たちが集結した8人タッグマッチ(武藤、浜亮太、SUSHI、宮本和志組VS河野真幸、大和ヒロシ、中之上靖文、KAI組)に出場すると、久々の再会を懐かしむように肌を合わせた。

 ハイライトは18分過ぎだった。大声援に背中を押されるようにコーナー最上段に上った。1発目は河野にイスを投げつけられて阻止され、2発目は自爆。この試合、3発目の試みにも迷いはなかった。一呼吸置くと、すぐさま代名詞でもある低空での高速ムーンサルトを発射。リング中央の河野に決めて勝利し「不格好かもしれないけど、気持ちのこもったムーンサルトだったと思う。武藤敬司、悔いなし。さようならムーンサルト」と振り返った。

 30年近く悩まされた両ヒザの痛みを解消するため、今月末には都内病院で両ヒザに人工関節を入れる手術を行う。来年以降の復帰を目指したものではあるが、医師からは術後の月面水爆弾を禁止されているため、これで見納めとなる可能性が高い。代名詞と別れを告げた武藤は「しばらく休みますけど、必ずこのリングに戻ってきます。新生武藤敬司になって戻ってくるから待っててください」と約束した。

最終更新:3/14(水) 22:12
東スポWeb