ここから本文です

「幕張のジョニデ」土俵際で踏ん張る 新助っ投オルモス4回1失点

3/14(水) 17:54配信

デイリースポーツ

 「オープン戦、ロッテ4-5オリックス」(14日、ZOZOマリンスタジアム)

 「幕張のジョニー・デップ」が土俵際で踏ん張った。ロッテの先発、新外国人左腕・オルモスは4回を被安打2で1失点だ。

 前回、7日の巨人戦では炎上した。先発して3回を被安打5で8失点。与死四球は4。ボールを連発しては甘いストレートを狙い打ちされた。

 試合前、井口監督は「前回のような投球だったら上には置けない」と結果次第では2軍での調整を示唆していた。

 三回までは四球の走者を1人出しただけだったが、四回に1死後、吉田正への四球から崩れた。続く中島、武田に甘い変化球を連続安打されて満塁。続く安達には押し出しの四球で先制を許した。

 続く鈴木昂を遊ゴロ併殺打でなんとかピンチを切り抜けた。

 試合後、井口監督は「良かったのか悪かったのか。よく分からない。(オリックス打線は)ボール球を振ってくれたし…」と首を傾げた。

 本人は「自分のピッチングをしてカーブでストライクを取ることができた。収穫だ」と話したが、四回の乱調にはこう続けた。

 「四球を出して投げ急いだ。高めにカーブが入ってしまった。(最後は)自分の意識で打者に集中して打ち取ることができた」

 本人はあくまでも開幕ローテを見据える。「ストライクゾーンで勝負したい。ボールからでもストライク、ストライクと追い込む。これが成功のキーだと思う」。甘い表情を引き締めた。

 井口監督は次回の先発テストには「取りあえずあると思います」と左腕の先発候補にチャンスを与える。