ここから本文です

松山英樹が復帰! タイガーは大会9勝目なるか

3/14(水) 11:45配信

my caddie

 米男子ツアーのアーノルド・パーマー招待が現地時間15日、フロリダ州のベイヒルC&ロッジを舞台に開幕する。

【関連】タイガーが優勝予想1位 アーノルド・パーマー招待

 松山英樹は2月1週目のウェイスト・マネージメント・フェニックス・オープンで、左親指の付け根を負傷し、途中棄権して以来のツアー復帰。怪我の回復状況が気になるが、マスターズに向け調整したいところ。

 前週のバルスパー選手権で2位タイに入ったタイガー・ウッズ(米)が参戦。2013年以来の出場で過去に8度も制しており、ウッズの庭と言っても過言ではない。優勝予想も1位とツアー通算80勝目を今大会で手にすることはできるだろうか。

 2016年9月にアーノルド・パーマー氏が亡くなり、2017年大会は特別なものとなった。その中で優勝を果たしたのはマーク・リーシュマン(豪)。通算11アンダーでツアー通算2勝目を挙げた。「グリーン奥でいつも大会を見守ってくれていたパーマーがいないのは寂しい。だけど、ここで優勝できて夢が叶った」とリーシュマンはコメントを残した。

 優勝賞金156万6000ドル(約1億7,000万円)をかけた大会だけに豪華なメンバーが出場。ジャスティン・ローズ(英)、ローリー・マキロイ(北アイルランド)、リッキー・ファウラー(米)、16年覇者のジェイソン・デイ(豪)、トミー・フリートウッド(英)、ヘンリック・ステンソン(スウェーデン)らが大会を盛り上げる。

 また、日本勢は松山に加え、小平智と池田勇太が出場する。

最終更新:3/14(水) 11:45
my caddie