ここから本文です

こどもたちの夢プロジェクト 活動記録まとめた冊子、県教委に寄贈

3/14(水) 9:58配信

福島民報

 福島民報社は13日、創刊125周年記念事業「かなえようこどもたちの夢プロジェクトGO!GO!GO!」の取り組みをまとめた冊子「みんなの夢を応援~4,433人の思いと活動記録~」を県教委に贈った。 
 贈呈式は県庁で行われ、遠藤義範常務が「今後も子どもたちの夢を後押ししていきたい」とあいさつし、鈴木淳一県教育長に冊子を手渡した。鈴木教育長は「子ども一人一人が夢を実現していくことで、福島の復興も進んでいく」と語った。県と県議会にも贈呈した。今後、県内の全小学校や各市町村、各市町村教委などに贈る。 
 県内の小学生から将来の夢を募り、実現へ向けて応援しようと、東日本大震災と東京電力福島第一原発事故から6年を迎えた昨年5月から夢を募集し、4433点が寄せられた。県と県教委が後援した。 
 冊子はA4判、フルカラーの28ページ。応募者全員の名前と学校名、学年、夢のタイトルを16ページにわたって紹介している。関心の高い分野や人気の職業など福島の子どもたちの思いを分析したほか、応募数の多かった学校などへの学校賞の贈呈の様子も掲載している。

福島民報社

最終更新:3/14(水) 10:59
福島民報