ここから本文です

福島大笹生IC隣接「道の駅」 2020年度内目標に前倒し

3/14(水) 10:00配信

福島民報

 福島市は、東北中央自動車道福島大笹生インターチェンジ(IC)周辺に整備を計画している道の駅について、予定を前倒しして2020年度内のオープンを目指す。木幡浩市長が13日、市議会通年議会3月会議で明らかにした。 
 市はこれまで2021年度内を予定していた。東北中央自動車道「相馬福島道路」が2020年度内の全線開通を目指しているのに合わせて早める。 
 2018(平成30)年度、建設部路政課内に「道の駅施設整備係」、商工観光部観光コンベンション推進室内に「道の駅機能整備係」を新設し、基本設計と実施設計を行う。建材に全国の道の駅で初めてCLT(直交集成板)を活用する。

福島民報社

最終更新:3/14(水) 11:13
福島民報