ここから本文です

新大学入試試行調査 英語は「使う力」重視 口コミサイトの読み解き、日本人英語の聞き取りも出題

3/14(水) 17:07配信

高校生新聞オンライン

 大学入試センターは3月14日、2020年度(21年1月)からセンター試験に替えて始める「大学入学共通テスト」の英語の出題内容を検討するための試行調査(プレテスト)の問題などを公表した。筆記(読解)試験、聞き取り(リスニング)試験とも、日常生活やネット閲覧、授業など具体的な場面を設定して、「英語を使う力」を測定することを重視した。一方、現行試験にある発音・アクセント問題は姿を消すなど、センター試験から問題構成は様変わりした。(西健太郎)

日常生活、授業など「自然な場面設定」めざす

 文部科学省は、センター試験の英語に替えて20年度から英語4技能を測る民間の資格・検定試験を大学受験生に受けてもらい、結果を入試に活用する仕組みを始める。一方で、20~23年度は移行期間として共通テストでの英語の試験も、センター試験から問題構成を刷新して続ける方針だ。その出題内容を検討するための試行調査が2月中旬から3月初旬にかけて47都道府県の高校158校で実施され、2年生6303人が受けた。

 試行調査は、筆記試験(80分)、聞き取り試験(30分)ともマーク式で答える。問題作成にあたっては「実際のコミュニケーションを想定した明確な場面、目的、状況の設定を重視した。日常の場面に限らず、講義を聴くなど学習の場面も含め、自然な場面設定をめざした」(大学入試センターの大杉住子審議役)という。

飲食店の口コミサイト、遊園地の混雑予想のサイトも題材

 筆記試験では、遊園地の混雑予想に関するウェブサイトを読ませて内容を理解できているかを尋ねたり、飲食店の口コミ投稿サイトを読ませて事実と投稿者の意見の区別できているかを聞く出題があった。授業でディベートやプレゼンテーションの準備をする設定で参考資料となる英文を読ませて情報を整理したり要約したりする力を測るなど、「発信」することを前提に読ませる設問も目立った。

発音・アクセント問題は姿消す

 一方で、センター試験の筆記試験の定番の出題である、発音・アクセントなどを選択式で間接的に問う設問や英文を完成させるための語句整序問題は出題されなかった。「発音問題などには『受験英語を助長する』という批判が専門家からある。民間試験の活用で、『話す』『書く』を(直接)評価する枠組みがあるので、(発音などの評価は)そちらに委ねるという議論が(出題者の中で)あった」(大杉氏)という。一方で、高校教員の中にも発音問題などの出題を求める声もあり、本番の問題構成は未定という。

1/2ページ