ここから本文です

【NFL】注目のQBカズンズはバイキングスと3年契約で合意間近

3/14(水) 15:24配信

NFL公式サイト日本語版

クオーターバック(QB)獲得を切望するミネソタ・バイキングスが今オフシーズン市場最大の注目QBカーク・カズンズとの交渉を優位に進めている。『NFL Network(NFLネットワーク)』のイアン・ラポポートは現地13日(火)、バイキングスは8,400万ドル(約90億円)保証付きの3年契約でカズンズを獲得する見込みだと報じた。予想通り、カズンズの契約はジミー・ガロポロがサンフランシスコ・49ersから受け取る年俸2,750万ドル(約29億3,000万円)を超えてくるだろう。

【2017年プロボウル】AFC対NFC

カズンズは水曜日にバイキングスのコーチ陣や役員を含むディナーに参加する予定で、木曜日にはバイキングスのチーム施設を訪問するとのことだ。

ラポポートは『Twitter(ツイッター)』上で「バイキングスはカズンズをすでに獲得したと思っている」と投稿し、「彼らはカズンズを施設から出さないつもりだ」とも記した。

確定には至らないものの、現在カズンズとの契約に一番近いのはバイキングスであるとラポポートは伝える。デンバー・ブロンコスもこの29歳のQB獲得には相当の関心を寄せていたが、すでに元バイキングスのケイス・キーナム獲りにシフトチェンジした模様だ。

アリゾナ・カーディナルスとニューヨーク・ジェッツがまだカズンズ獲得の候補者として残っているが、バイキングスを前にしてその可能性はしぼみつつある。ジェッツはリーグ最大のキャップスペースを持ってはいるものの、今回はスーパーボウル出場の可能性がより高いバイキングスに軍配が上がりそうだ。

昨シーズンのキーナムは期待をはるかに上回る活躍を見せたものの、バイキングスはクオーターバック(QB)の補強を最優先課題として掲げていた。フィリップ・リバースを除けば、ここ3シーズン連続で4,000ヤードと25タッチダウン以上を同時にマークしているのはカズンズのみだ。

今季7年目を迎えるカズンズは2015年以降、毎シーズンNFLトップ10 QBにランクインし、パス成功率と決勝ドライブ数はリーグ3位となっている。

リーグ屈指の守備陣と共に、カズンズはミネソタで優秀なワイドレシーバー(WR)陣や故障からの復活を期す若手ランニングバック(RB)ダルビン・クックを駆使して高みを目指すことになる。

大量の資金を持つジェッツが可能性を消滅させたわけではない。ただし、一度チーム施設に足を踏み入れたカズンズをバイキングスは決して逃がさないだろう。